保育士の求人を探そう|転職サイトが便利です

女性

資格の必要性

女の子

保育士の資格があれば、赤ちゃんや子供に携わる求人に応募する際に有利になります。保育園で働く以外に選択肢もたくさんあります。企業や会社によって勤務体系が異なってきますので良く確認してから求人に応募しましょう。

読んでみよう

ブランクのある方の仕事

男女

保育士の求人の中にはブランクのある方向けの仕事もあります。美容室や病院など、人が集まる施設で、短時間子供を預かる仕事です。預かる時間が短いので、経験の浅い方でもしやすい仕事です。パートとして採用されることが多く、時給は1200円程度です。

読んでみよう

地方の仕事は少ない

赤ちゃんと女の人

地方の保育士の求人は少ないので、見つけるのに苦労することがあります。公立の保育園の仕事は採用試験を受けなければなりませんが、合格したら安定した仕事になります。病院内の院内保育の仕事も見つけやすいです。院内保育の仕事は給料が高いというメリットがあります。

読んでみよう

一番気をつけること

先生と子ども

サービス残業をしない

幼児教育を行なう保育士の求人を探す時に、一番気を付けなければならないのは、サービス残業のことです。サービス残業をさせられるような保育士の求人は避けた方が良いでしょう。仕事なので多少の残業はやむを得ないこともありますが、残業をしてその分の報酬が支払われなかったら、気持ちよく働くことはできません。我慢して働いていてもやがて不満が大きくなる可能性が強いです。すべての保育士の求人がサービス残業をさせられるものではありませんが、注意が必要です。求人票に多少の残業ありと書いてある場合は、どれぐらいの時間残業しないといけないか確認してから応募しましょう。残業の回数や時間が明記してある保育士の求人だったら、サービス残業のある可能性は少なくなります。

転職サイトを活用

サービス残業を避けるためには転職サイトを活用するのが良い方法です。転職サイトでは、自社で集めている求人の内容を厳しくチェックしているので、働く人の不利になるような情報を紹介することはありません。また、転職サイトで働いているコンサルタントが現場を回って、一つ一つの保育園の仕事の内容を調べているので、サービス残業付きの仕事の情報を自社のサイトに載せることは、ほとんどありません。転職サイトでは、仕事上のいろいろな悩みを相談できるようになっています。相談にお金は必要ありません。もし今の仕事でサービス残業のことで悩んでいたら、コンサルタントに相談してみましょう。また、その際は希望する保育園の条件を伝えておくことも大切です。